アジー 通販ショッパー

アジー100mg(ジスロマックジェネリック)60錠

アジーは、インドのシプラ社が製造販売しており、細菌をやっつける抗生剤です。また、ファイザー社が製造販売しているジスロマックのジェネリック薬になりますので、安くお買い求めいただけます。ジスロマックは、日本でも医薬品として認可が下りています。 細菌感染による咽頭・喉頭炎や扁桃炎、マイコプラズマなどによる肺炎、性感染症の1つの原因であるクラミジアなどに効果があります。

アジー100mg(ジスロマックジェネリック)60錠

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アジー250mg(ジスロマックジェネリック)10錠

クラミジア菌による性感染症などに対して効果のあるアジスロマイシン250mgを配合したジェネリック医薬品です。マクロライド系抗菌薬に分類されます。長時間効果が持続するため、場合によっては1回の投与で治療が終了します。

アジー250mg(ジスロマックジェネリック)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アジー500mg(ジスロマックジェネリック)30錠

尿道炎の原因クラミジアや淋病の第1選択治療薬ジスロマックの低価格ジェネリック。症状が出たら2錠を飲むだけで数日に症状が治ります。成分アジスロマイシン配合の人気の抗生物質です。

アジー500mg(ジスロマックジェネリック)30錠剤

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アジー1000mg (ジスロマックジェネリック)10錠

ジスロマックジェネリックは淋菌やクラミジア、大腸菌など、様々な菌を退治する抗生物質です。これらの菌が原因で発症する尿道炎や子宮頸管炎といった性感染症をたった一度の服用で簡単に治してくれます。

アジー1000mg (ジスロマックジェネリック)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


ジスロマックジェネリック100mg(シロップタイプ)

アジスラルは飲むタイプの抗生物質です。マクロライド系の抗生物質であるアジスロマイシンを100mg配合しており、クラミジアやマイコプラズマなど様々な感染症に効果を発揮します。その抗菌効果作用が長いことも特徴です。

ジスロマック・ジェネリック100mg(シロップタイプ)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


ジスロマック・ジェネリック200mg(ドライシロップ)

お子さんからご年配の方まで服用いただけるアジーDRY SYRUPは、飲むタイプの抗菌薬です。マクロライド系抗生物質で有名なジスロマックのジェネリックで、クラミジアやマイクロプラズマだけではなく、尿道炎や呼吸器感染症の治療にも有効です。

ジスロマック・ジェネリック200mg(ドライシロップ)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


商品説明

アジーはジスロマックと同じ有効成分を配合するジェネリック医薬品です。
ジスロマックは、「マクロライド系抗生物質」という種類に分類されるお薬で、さまざまな菌種に有効なお薬です。
有効成分として、「アジスロマイシン」が配合されており、疾患の原因となっている菌に対する殺菌作用を目的に、医療現場でも幅広く使用されています。
マクロライド系抗生物質の中でも比較的新しいお薬であり、唯一の15員環マクロライドとして用いられているお薬です。
咽頭炎や急性気管支炎などのかぜ症状に加えて、尿道炎や子宮頚管炎、淋病や性器クラミジアなどの性感染症(STD)にも高い効果が認められています。
また、炎症による患部の腫れや赤み、痛み、膿といった症状を改善するはたらきもあります。 ジスロマックの特徴として、服用のしやすさに優れるということも挙げられます。
性感染症診断・治療ガイドライン2016(日本性感染症学会)において、ジスロマックは妊婦および非妊婦のいずれにおいても、推奨度Aにて投与が推奨されています。
類薬のクラリス(クラリスロマイシン)やクラビット(レボフロキサシン)では、非妊婦への推奨度は変わりませんが、妊婦に対しては推奨されていません。 (海外ではジスロマックの推奨度が1ランク下げられている場合もありますが、使用経験の少なさなどが理由とされています。)
ジスロマックは、従来のマクロライド系抗生物質よりも広い抗菌スペクトルを有していることが特徴です。 作用機序としては、細菌の70Sリボソームの50Sサブユニットという部分に結合することで、たんぱく質の合成を阻害して細胞増殖を妨げ、抗菌作用を示します。

お薬コラム

薬局やドラッグストアなどにてあなた自身で選択して買い求められる薬には、一般用医薬品と要指導医薬品の2種類があります。これらは大衆薬、OTC医薬品、市販薬とも称されます。
「飲んで直ぐに効果を得ることができなかったからまがいものの商品かも?」と思うかもしれませんが、プロペシアと同様にフィンぺシアも効果が得られるまでにそれなりに時間が掛かるのです。
ケアプロストというのは緑内障の治療の時に眼圧を下げるために使用する以外に、まつ毛の生育を促進することによりまつ毛全体の見た目に良い影響を齎してくれます。
「副作用に不安を感じる」と言われる方は、効果は弱いけど副作用のあまりないシアリスがおススメですが、とにもかくにも効果が欲しいと言われる方はレビトラやバリフ、そしてバイアグラが良いでしょう。
医療用医薬品と申しますのは、病・医院などで医師に診察してもらった上で発行される処方箋通りに薬剤師が調剤して渡される薬です。別名処方薬とも称されます。

低血圧の人はバイアグラとアルコール双方を飲むと血管が広がる結果となり、血圧が下がることが多くバランスが取れなくなったりする場合があるので危険です。
飲酒と一緒に服用するのはリスキーです。酒が苦手な人がレビトラとお酒を一緒に飲むと、血管拡張作用によりアルコールが一気に回って立っていられなくなることがあるからです。
海外通販サイトを使ってフィンペシアを仕入れる人が少なくありませんが、日本におきましては今のところ認証されていない医薬品ということなので、海外から仕入れることになります。
食事の影響を受けづらく最大36時間もの間効果が維持されますので、多くの人が利用していたED治療薬をシアリスに乗り換えました。
バイアグラのジェネリック品の中では、カマグラゴールドは人気があります。その理由としては、価格と種類の多様性をあげられると思います。

知り合いなどに処方されたアフターピルを譲り受けるとか、あるいは自分に処方されたアフターピルを知人などに販売することは法律によって禁じられています。
医薬品を類別すると、人だったり動物の疾病の診断や治療を行なうために提供する医薬品。医者を受診することにより処方される処方箋医薬品。ドラッグストアや薬局で入手できる一般用医薬品があるのです。
薄毛治療に関しては多種多様な種類が見受けられます。クリニックで提供される薬としましてはプロペシアが認知されていますが、より割安なフィンペシアも注目されています。
早い方だったら3ヵ月前後、遅い方であっても6ヵ月前後で毛髪の増量を実感することができること請け合いです。その状態を保持することを望むのなら、プロペシア錠を継続して摂り込んでいただくことが必要です。
ゼニカルにつきましては海外メーカー製造品で欧米人の体に合わせて製造されていることもあって、時と場合により消化器系に負担を掛ける副作用が生じる可能性があるのです。