ウーメラ クスリロイヤル 通販

ラブグラ(ウーメラジェネリック)

女性用バイアグラ「ウーメラ」のジェネリックで、内服タイプの性感向上薬です。 バイアグラと同様に有効成分「シルデナフィルクエン酸塩」を100mg配合し、女性向けに改良したお薬です。

最安値を販売ページでチェック
女性用ナイトライフのお薬一覧はこちら
 


商品説明

性交痛や性行為の満足が低い、潤い不足など女性の性の悩みをお持ちの女性に。
インドのアジャンタファーマ社(Ajanta Pharma)が開発したラブグラ錠は、日本で1999年に承認されたバイアグラと同じ有効成分である「シルデナフィルクエン酸塩」を配合しています。
世界で愛用されている「ウーメラ」という女性用バイアグラは、有効成分である「シルデナフィルクエン酸塩」が女性器の周囲への血流を増加させることにより、膣分泌液の量が増え不感症を改善するとされています。
ラブグラ錠はこの「ウーメラ」と同様に「シルデナフィルクエン酸塩が配合されたジェネリック錠です。
女性は出産後のホルモンバランスの変化や、更年期症状や加齢など、様々な理由で膣分泌量が減り、満足できない性生活を送っていられる方がたくさんいらっしゃいます。
パートナーから性的な刺激を受けても、膣分泌の不足により不感症になったり、性交痛を感じたりするケースが多いとされています。
また、セックスによるオーガニズムに達するのが難しくなるオーガニズム不全や、性欲の低下を感じている方にもラブグラ錠は服用いただけます。
ラブグラ錠を服用後、約1時間ほどでその効果を実感いただけます。女性器への血流増加作用により、感度の高まりを上げて不感症やオーガニズム不全に効果を発揮します。薬の効果は4~5時間ほど持続します。
主に40代以上の女性の方に多く服用いただいていますが、20歳以上の成人女性であれば基本的に年齢制限はございません。ラブグラ錠を服用することで、多くの女性の方に有意義な性生活を送っていただけています。
ラブグラ(ウーメラ)の用途としては以下のようなものがあります。
セックスでオーガズムに達することが難しいとき。(オーガズム不全)
セックスの快感が弱く、行為に積極的になれないとき。(不感症)
膣の潤いが不足して、性交痛があるとき。
夫に誘われてもセックスをする気になれないとき。(性欲の低下)
中年以降も充実した性生活を営みたいとき。
セックスレスの夫婦やパートナーも非常に多いですが、男性では勃起不全、女性では不感症や性行痛などが原因の場合も多く、男性のED治療薬、女性ではラブグラなどが検討できます。
数か月、あるいは数年にわたって性交渉がないセックスレスの夫婦が年々増加しています。その原因が、40代以降の女性の膣の潤い不足による性交痛や性器萎縮による性感の低下や、男性の勃起力低下(ED)です。

お薬コラム

酒を飲んでも酔わないからと言って飲み過ぎてしまうと、脳からの神経伝達がスムーズに行かなくなり勃起力自体が衰えてしまうのみならずレビトラの効果もまるで期待できなくなってしまうので気を付けましょう。
育毛剤には頭皮に栄養分を与えたり頭皮の血行を円滑にしたりする作用があり、頑強な毛を育む効果があります。
ゼニカルを服用することで吸収が阻害された油分は、便が体外に出るまで腸内に残ったままになります。これらは便と共に排出されることになりますが、時として油分のみが排出されます。
よくNo1のアンチエイジングと高評価なのがヒルドイドだというわけです。いくら何でもオーバーな話だと思いますが、保湿効果はものすごく高いと実感できます。
ピルにはニキビを治したり生理痛を抑えたりする効果があるので、正しく用いることで人生がなお一層満足できるものになるでしょう。

通常のピルと違いホルモン剤の量が最小限にとどめられているトリキュラーは、できる限りオーソドックスなホルモンバランスを意識して製造されたお薬だと言えます。
レビトラについては、体内に入れれば勃起させる作用があるというお薬ではないのです。性的な刺激が為されて興奮し勃起しようとする際に、それをフォローしてくれる勃起不全治療薬なのです。
フィンペシアのオリジナルと言えるプロペシアについては、日本国内ではAGA治療薬の1つとしまして平成17年に厚労省によって認可されたというわけです。
生理の前にむくみ等の症状が出る人がいるというのは耳にしたことがありますでしょうか?ピルも一緒で人工的に生理前の状態を作り上げているので、むくみ等の症状に見舞われたりするわけです。
日本のファイザー株式会社が販売するバイアグラ50mgについては、昔2錠シート状のものも見受けられましたが、現在は10錠のものしかありません。

低血圧傾向の方はアルコールとバイアグラ双方を飲むと血管が拡張される結果となり、血圧が下がることが多くフラついてしまう可能性があるのでリスクがあると考えていいでしょう。
今のところ認知されていませんが、その他のED治療薬からシアリスにスイッチしたり、状況に応じて複数のED治療薬を使い分けるという人も稀ではないので、シアリスのシェア率は拡大してきています。
低用量ピルについては妊孕性にあまり影響を及ぼさない薬ですから、子供が欲しいと切望した時は低用量ピルの服用を止めさえすれば、排卵などが元通りになり妊娠ができると考えられています。
食事と同時、あるいは食事のすぐ後にレビトラを摂取すると、効果の現れ方が遅くなったり半減したり、最悪全然効果が発現されないといったケースもあり得ますから頭に入れておくべきでしょう。
EDというシリアスな悩みを持つ人にとって、バリフは大きな助けになってくれるでしょう。別のED治療薬と見比べても金額的にリーズナブルなので人気抜群です。