スペマン クスリロイヤル 通販

スペマン(精子量・性欲アップ)

スペマンはインドの製薬会社であるヒマラヤヘルスケア社が開発した、性欲アップを目的としたお薬です。バイアグラなどのED(勃起不全)治療薬ではなく、サプリメントの力で精子の生成を助けて、精子量を増加させる作用があります。

最安値を販売ページでチェック
 


商品説明

スペマン(Speman)の製造メーカー「Himalaya社」の商品は世界90ヶ国以上で年間3億個以上販売されており、世界中で40万人の医師が処方するサプリメントです。
30代以降は精子量がどんどん減ります!性行為の感度アップや、性欲には精子生成は必須です!
男性の精子は「卵子にDNAを配達する」重要な役割を持ち、左右2つの精巣で作られています。そして、精液は精嚢(せいのう)で作られています。約70日間(2ヶ月)かけて精原細胞から精子になり、体外に射精されます。
精子の生成は20代後半でピークを迎えます。30歳を過ぎてから性行為やマスターベーションの際に、射精時の精子の量が減ったと感じる方が多いのではないでしょうか?
量だけではなく、勢いが減って飛ばなくなったことを感じる方も多いとされます。
精子の“質”は、精子の運動率のことを指します。精子が卵子に向かって運動ができるかどうかを、わかりやすく数値で表したのが運動率です。この運動率が弱いと卵子と受精できず、パートナーの妊娠ができない理由の一因となります。
スペマンは天然サプリメントで、ハイグロフィリア、ベルベットビーン、ゴクシュラという有効成分が配合されています。
これらの成分が精子の活性化や勃起の強化に効果を示し、アドレナリン分泌を刺激することで、男性ホルモンの分泌を促進させます。精子の生成を促すことで、精子の運動率の向上にも効果を発揮します。
インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいた配合のため、体に優しく、ED(勃起不全)治療薬であるバイアグラなどと併用いただいても問題ございません。お薬の副作用が気になる方にも、安心して服用いただけます。
天然ハーブ成分を配合しているため、即効性を期待することはできません。体に負担のないマイルドな効き目が特徴のサプリメントですので、3ヶ月以上を目安に継続して服用してください。
ED治療薬やその他お薬との併用も問題ありません。
※30代やそれ以降の彼氏や旦那様をお持ちの女性も、パートナーの男性力低下の阻止、底上げのために男性におすすめください。

お薬コラム

低用量ピルといいますのは不妊症を誘発しません。服用を止めれば排卵も再開します。ピルの服用をストップした直後に妊娠したとしても、胎児に影響は及びません。
フィンペシアの成分の一種であるフィナステリドはAGA治療に実効性がありますが、それと引き換えに副作用の可能性もあります。これに関しましてはプロペシアも同じです。
バリフという薬はED治療薬の1つレビトラのジェネリックでコストパフォーマンスがウリの商品です。インドを拠点とする製薬会社であるサバ・メディカ社が製造・販売している薬なのです。
緑と青の中間色の錠剤として認識されているカマグラゴールドは多くの国々で使用されており、ED治療薬の一番手と言われているバイアグラのジェネリック品になります。
バイアグラを飲みますと、効果が現れ始めるのと合わせて「顔のほてり」や「目の充血」というような副作用が発生することがあります。

トリキュラーと言いますのは、低用量ピルの一種です。含まれている成分が排卵を邪魔したり、精子の侵入を阻止したりするため避妊の効果が認められているのです。
ネットなどでゼニカルの個人輸入での販売のウェブページを見掛けますが、体に影響が及ぶことですから必ず医者に相談を持ち掛けて、その指示に従うことをおすすめします。
「生理が巡って来れば避妊に成功した」ということになります。アフターピルを摂ると、生理が不順になったり出血異常が生じたりします。
プロペシアという治療薬はジヒドロテストステロン(=“DHT”)の生成そのものを阻む効果が確認されているので、毎日毎日適切に摂取し続けることで抜け毛を抑えることができるはずです。
シアリスの服用によって顔のほてりや頭痛などの副作用に見舞われる可能性が高いですが、これらは血管拡張によるものであり、効果が発現された証拠だと考えていいでしょう。

現時点で厚生労働省に認可されているED治療薬と言うと、バイアグラの他にレビトラ&シアリスと全部で3種類あります。
「飲用して直ぐに効果が出なかったから偽物かも!?」と不安になるかもしれないですが、プロペシアと同じでフィンぺシアも効果が出るまでに時間が必要です。
アフターピルは女性ホルモンのお薬になるので、生理をそれなりに不安定にさせます。早まったり遅れたりする可能性がありますが、全員に齎されるというわけではないのです。
子供さんや油分が少なくなっている50代以降の人、アトピー性皮膚炎の患者などに保湿剤として皮膚科でヒルドイドソフト軟膏がよく処方されています。
女性向けの育毛剤には、抜け毛と関係のある男性に象徴される「5αリダクターゼ(酵素)」を阻止する成分は配合されていないという点は把握しておいてください。