アジー クスリロイヤル 通販

アジー100mg(ジスロマックジェネリック)60錠

アジーは、インドのシプラ社が製造販売しており、細菌をやっつける抗生剤です。また、ファイザー社が製造販売しているジスロマックのジェネリック薬になりますので、安くお買い求めいただけます。ジスロマックは、日本でも医薬品として認可が下りています。 細菌感染による咽頭・喉頭炎や扁桃炎、マイコプラズマなどによる肺炎、性感染症の1つの原因であるクラミジアなどに効果があります。

アジー100mg(ジスロマックジェネリック)60錠

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アジー250mg(ジスロマックジェネリック)10錠

クラミジア菌による性感染症などに対して効果のあるアジスロマイシン250mgを配合したジェネリック医薬品です。マクロライド系抗菌薬に分類されます。長時間効果が持続するため、場合によっては1回の投与で治療が終了します。

アジー250mg(ジスロマックジェネリック)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アジー500mg(ジスロマックジェネリック)30錠

尿道炎の原因クラミジアや淋病の第1選択治療薬ジスロマックの低価格ジェネリック。症状が出たら2錠を飲むだけで数日に症状が治ります。成分アジスロマイシン配合の人気の抗生物質です。

アジー500mg(ジスロマックジェネリック)30錠剤

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アジー1000mg (ジスロマックジェネリック)10錠

ジスロマックジェネリックは淋菌やクラミジア、大腸菌など、様々な菌を退治する抗生物質です。これらの菌が原因で発症する尿道炎や子宮頸管炎といった性感染症をたった一度の服用で簡単に治してくれます。

アジー1000mg (ジスロマックジェネリック)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


ジスロマックジェネリック100mg(シロップタイプ)

アジスラルは飲むタイプの抗生物質です。マクロライド系の抗生物質であるアジスロマイシンを100mg配合しており、クラミジアやマイコプラズマなど様々な感染症に効果を発揮します。その抗菌効果作用が長いことも特徴です。

ジスロマック・ジェネリック100mg(シロップタイプ)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


ジスロマック・ジェネリック200mg(ドライシロップ)

お子さんからご年配の方まで服用いただけるアジーDRY SYRUPは、飲むタイプの抗菌薬です。マクロライド系抗生物質で有名なジスロマックのジェネリックで、クラミジアやマイクロプラズマだけではなく、尿道炎や呼吸器感染症の治療にも有効です。

ジスロマック・ジェネリック200mg(ドライシロップ)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


商品説明

アジーはジスロマックと同じ有効成分を配合するジェネリック医薬品です。
ジスロマックは、「マクロライド系抗生物質」という種類に分類されるお薬で、さまざまな菌種に有効なお薬です。
有効成分として、「アジスロマイシン」が配合されており、疾患の原因となっている菌に対する殺菌作用を目的に、医療現場でも幅広く使用されています。
マクロライド系抗生物質の中でも比較的新しいお薬であり、唯一の15員環マクロライドとして用いられているお薬です。
咽頭炎や急性気管支炎などのかぜ症状に加えて、尿道炎や子宮頚管炎、淋病や性器クラミジアなどの性感染症(STD)にも高い効果が認められています。
また、炎症による患部の腫れや赤み、痛み、膿といった症状を改善するはたらきもあります。 ジスロマックの特徴として、服用のしやすさに優れるということも挙げられます。
性感染症診断・治療ガイドライン2016(日本性感染症学会)において、ジスロマックは妊婦および非妊婦のいずれにおいても、推奨度Aにて投与が推奨されています。
類薬のクラリス(クラリスロマイシン)やクラビット(レボフロキサシン)では、非妊婦への推奨度は変わりませんが、妊婦に対しては推奨されていません。 (海外ではジスロマックの推奨度が1ランク下げられている場合もありますが、使用経験の少なさなどが理由とされています。)
ジスロマックは、従来のマクロライド系抗生物質よりも広い抗菌スペクトルを有していることが特徴です。 作用機序としては、細菌の70Sリボソームの50Sサブユニットという部分に結合することで、たんぱく質の合成を阻害して細胞増殖を妨げ、抗菌作用を示します。

お薬コラム

トリキュラーと言いますのは、低用量ピルの一種です。内包されている成分が排卵を抑えたり、精子の侵入を阻止したりするため避妊の効果があるというわけです。
女性対象の育毛剤には、抜け毛と関係のある男性独自の「5αリダクターゼ」を抑制する成分は配合されていない点は考慮に入れておきましょう。
頭皮環境を良くして、抜け毛などを抑制する作用があるのが育毛剤になります。有名な商品以外にも肌を傷つけることのないものが色々売られています。
ケアプロストに関しては早産であったり流産に見舞われるリスクがありますので、お腹に赤ちゃんがいるあるいはその可能性のある方は、ケアプロストを誤って服用しないでください。
インドには国内用に製造販売されている「カマグラゴールド」と海外用として商品化されている「カマグラ」の2種類があり、有効成分につきましては両方ともバイアグラと一緒のシルデナフィルです。

狭心症というような心臓病によく用いられるニトログリセリンを始めとした硝酸剤を飲用している人は、どういった事情があったとしてもシアリスを使ってはダメです。
ゼニカルにつきましては海外製で西洋人の身体を想定して製造されていることもあって、人により消化器系に負担を与える危険性があることを認識しておいてください。
青と緑の中間色の錠剤として認識されているカマグラゴールドは世界中で重宝されており、ED治療薬の一番手として有名なバイアグラのジェネリック薬品なのです。
「AGAに対する治療効果が同一で安い」という理由から、節約したい人は、オンラインで利用できる個人輸入代行サービスでフィンペシアを購入しているようです。
フィンペシアの成分のひとつであるフィナステリドはAGA治療に有効ですが、その代わり副作用のリスクもあるのです。これにつきましてはプロペシアも同様です。

医療医薬品を買い求める際は摂取方法とか注意事項などを認識するためにも、医薬品登録販売者または薬剤師にアドバイスを求めることを常としましょう。
低用量ピルに関しましては妊孕性まで否定することのない薬なので、子供を授かりたいと希望した時には低用量ピルの服用をストップすれば、排卵などが正常化し妊娠ができると聞いています。
「飲用して直ぐに効果が出なかったから本物じゃないのでは??」と思うかもしれませんが、プロペシアと変わらずフィンぺシアも効果が得られるまでに時間がかかります。
ドラッグストアなどにてご自身で選択して購入できる薬には、一般用医薬品と要指導医薬品があるのです。これらは市販薬、大衆薬、OTC医薬品とも言われます。
普通のピルと異なりホルモン剤の内容量が最小限にされているトリキュラーは、なるだけ通常のホルモンバランスになるように製造されたお薬になります。