バリフ ジェネファーム

バリフは、ED治療薬レビトラのジェネリック医薬品でコストパフォーマンスに優れています。レビトラと同じ有効成分であるバルデナフィルが配合された、インドの製薬会社であるサバ・メディカ社が製造・販売しているお薬です。

バリフ20mg(レビトラジェネリック)

最安値を販売ページでチェック
 

サビトラ10mg(レビトラジェネリック)

最安値を販売ページでチェック
 


商品説明

ED治療薬の中でも最速の効果!レビトラのジェネリックで価格もお得に!
バリフ(Valif)は、インドの大手製薬会社であるアジャンタファーマ(Ajanta Pharma)が発売しているお薬で、勃起不全症(ED)治療薬のひとつです。
ED治療薬とは、「勃起時に十分に硬くならない」「行為の途中で中折れしてしまう」などの症状を改善してくれるお薬です。
バリフには新薬のレビトラでおなじみの「バルデナフィル」が配合されており、世界中に愛用者がいます。陰茎の血流を促すことで勃起力を高め、ナイトライフをさらに豊かにするはたらきがあります。
ED治療薬では、「バイアグラ(Viagra/Sildenafil)」「レビトラ(塩酸バルデナフィル水和物)」「シアリス(Cialis/Tadarafil)」の3つが有名です。
バイアグラとレビトラは短期間でガツンと効き、シアリスは長期間ねばり強く効くことが特徴です。
副作用が気になる方は、マイルドな効果で副作用の少ないシアリスがおススメですが、とにかく効果を重視したい方は、バイアグラやレビトラ、バリフがおススメです。
特に、レビトラやバリフはバイアグラの欠点である、効くまでの時間と食事との影響を改善したお薬です。
ED治療薬の中で、効き目が最も早くあらわれるお薬であり、急なタイミングではじまる性行為にも効果を発揮します。
バリフの成分バルデナフィルは、食事と同時に服用しても効果が落ちにくいため、食後の性行為にも使用しやすいお薬です。
水に溶けやすい性質から、早い方では服用して10~15分程度で効果を実感することができます。
効果の持続時間も改良されており、バルデナフィル10mgで約4時間、20mgで約10時間と、一晩を通して効果を発揮します。 (国内では5mg、10mg、20mgの3規格が承認・発売されています。)
週末などの時間に余裕のある性行為においても、非常に使いやすいお薬といえるでしょう。
バリフはレビトラのジェネリック医薬品に位置付けされるお薬なので、レビトラの効果はそのままに、安価でED治療を行うことが可能です。
レビトラの唯一の欠点ともいえる、経済的負担までもを解消したお薬なのです。
バリフに配合されているバルデナフィルは、陰茎の海綿体において血管拡張をさせることで、勃起力を向上させます。
性的刺激が起こると一酸化窒素(NO)が局所的に増え、cGMP(環状グアノシン一リン酸)が産生されます。
cGMPが増えることで勃起力は向上しますが、cGMPは時間がたつとホスホジエステラーゼ(PDE)5によって分解されてしまいます。
バルデナフィルはPDE-5を阻害することによってcGMPの分解をおさえ、海綿体における濃度を高めます。
その結果、血管平滑筋がゆるみ、陰茎組織へと血液が流れ込むことで勃起がおこり、EDが改善されるのです。

お薬コラム

酒との併用は注意が必要です。酒を普段飲まない人がレビトラと酒を同時に摂取すると、血管拡張作用によりアルコールがあっという間に回って立っていられなくなる可能性が少なくないからです。
フィンペシアの元祖であるプロペシアに関しましては、日本ではAGA治療薬のひとつとして2005年に厚生労働省に認可されたというわけです。
常識的な飲酒というのはお酒自体に精神状態を鎮静化する作用があるので、シアリスの効果を一層引き上げることが可能だと言えるのです。ただし度を越して飲んでしますと逆効果になりますからご法度です。
医療用医薬品と比べてみると、一般用医薬品はお薬の有効成分の配合量を少なめにしていますから、お薬の効果が控えめであることが通例です。通販でも買えます。
バイアグラのジェネリック医薬品として、カマグラゴールドは人気があります。なにゆえかと言えば、値段の安さと種類の多様性をあげられると思います。

アフターピルにつきましてはなんだかんだ指摘されていますが、一番の作用は排卵を遅らせることなのです。アフターピルを飲むことで5日くらい先延ばしすることができるとのことです。
ピルには避妊以外にも強みがあって、その内の1つが生理痛を軽くしてくれることです。よく効くタイプのピルの場合、生理の日数が2日~3日程度になると聞いています。
ヒルドイドには多様な有効成分が配合されていますが、それらの成分の中で何より重宝するのが保湿効果抜群のヘパリン類似物質なのです。
国内で製造販売の認可を得た医薬品だったら、副作用等のために健康が損なわれた際に治療に必要な費用一部を補ってくれる制度が適用されることになっていますが、カマグラは対象外です。
低用量ピルは不妊症の原因にはなり得ません。摂取をストップすれば排卵も元通りになります。ピルの摂取を取り止めた直後に妊娠したとしましても、胎児に影響が出ることはないです。

女性向けの育毛剤には、抜け毛に直結する男性に見られる「5αリダクターゼ」を抑制する成分は内包されていないという点は把握しておいてください。
コンタクトレンズをしている方は、ケアプロストを使用する前には取り外して、点眼後15分前後してから、もう一度コンタクトレンズをセットするようにしてください。
フィンペシアの重要成分であるフィナステリドはAGA治療に効き目を見せますが、他方で副作用のリスクもあるのです。これについてはプロペシアにも言えます。
ウェブ上でゼニカルの通信販売のホームページを見掛けますが、健康被害の危惧もありますから必ず医師に相談して、その指示に従うことが大前提です。
友人・知人などに処方されたアフターピルを譲ってもらうとか、あるいはあなた自身に処方されたアフターピルを友人などに分け与えることは法律により禁止事項となっています。