アフターピル 通販ラウンジ

アフターピル(アイピル)

アイピルは世界で広く使用されている緊急避妊薬で、アフターピルと呼ばれています。有効成分である合成黄体ホルモンが受精卵着床を邪魔する働きをするため、性交後72時間以内に服用することで効果を発揮します。

最安値を販売ページでチェック
 


お薬コラム

アフターピルというのは女性ホルモンのお薬ですから、生理を若干不安定にさせるのが一般的です。遅れたり早まったりする可能性がありますが、みんなに起こるというものではありません。
レビトラのジェネリックであるバリフも、レビトラ同様「効いている」と実感するくらい高い勃起力が得られます。
日本のファイザーがマーケット展開しているバイアグラ50mgは、古くは2錠シート状のものもございましたが、現在は10錠のものしか販売されていません。
トリキュラーの服用による副作用は、全体の5割くらいの人に確認されるとのことですが、1週間ほどでなくなると公にされています。
年齢と共に薄毛や頭の毛のボリューム減少に苦悩する人が多くなります。そういった人は血の巡りを良くし、頭皮環境を最良にしてくれる育毛剤を利用する方が賢明です。

ED治療薬と言いますのは、どれも油の多い食事を食べた直後だとどうしても吸収されづらく、効果がダウンしてしまいます。バリフを摂取する時は、食後2時間は空けることを守ってください。
今のところピルは乳がんになるリスクを増加させるとの見解が一般的です。エストロゲン含有量が30マイクログラム超の中用量ピルの場合乳がんを患う危険性があるためです。
バイアグラに関しての我が日本国における特許期間は2014年5月13日に満了を迎え、厚労省より認可されたジェネリック医薬品が製薬メーカー10社よりマーケット展開されています。
シアリスの服用によって頭痛などの副作用が発生することがあるのですが、これらは血管が広げられる作用によるものなので、効果が得られた証拠でもあるわけです。
狭心症などの心臓病に利用されるニトログリセリンに代表される硝酸剤を飲んでいるといった方は、何があってもシアリスを使用してはいけません。

プロペシアにつきましては同じ有効成分が混ざっているジェネリック医薬品も市場提供されていますので、長期に亘る治療に要される薬代を節約することもできます。
知り合いなどに処方されたアフターピルを分けてもらうとか、あるいはご自身に処方されたアフターピルを友人などに売ることは法的に禁止事項となっています。
ピルにはにきびを良化したり生理痛を和らげたりする効果も認められているので、正しく用いることで人生が一層快適なものになると思います。
プロペシアという医薬品にはジヒドロテストステロンの生成そのものを阻む効果がありますから、忘れずに適切に摂取し続けることで抜け毛を抑えることができるのです。
資質を多く含むおかずを食べる時に、主体的にゼニカルを内服してみてください。効果として確実に脂を体外に排出することができるのです。