小動物部会

トップ > 小動物部会 > 学校飼育動物委員会

学校飼育動物委員会

学校飼育動物委員会

1.目 的
 県内の小学校等で飼育されている動物について、飼育方法や保健衛生に関する獣医師の専門的知識を教育現場に提供し、また動物と関わる真の喜びを子供たちに伝え、獣医師という立場から子供や教職員、保護者を支援することにより「命の尊さ」、「他者を思いやる気持ち」、「共感する心」を育成する教育を援助することを目的とします。

2.活動内容
(1)学校飼育動物担当獣医師の小学校への派遣
○飼育の仕方
○保健衛生に関するアドバイス
○飼育動物とのふれあい教室
○病気やケガの治療相談
○総合学習授業の実施支援(ゲストティーチャーの派遣) など

当委員会は上記の目的及び活動内容を基本に、平成26年度についても奈良県下で鳥類・ウサギ等を飼育する幼稚園、学校等を訪問し、幼児・児童・生徒と動物とのふれあいを通じて生命尊重の心を育み、動物愛護の精神を育成するため、学校の飼育委員会、生活科、理科の授業を援助しました。
また、平成22年度から始めている特別支援学級に対する活動も引き続き実施しました。
<活動事例>
幼稚園:1園、小学校:24校、中学校:1校、少年院:1カ所、児童自立支援施設等:2カ所

 活動内容については、以下のとおりです。
○学校訪問:動物(ウサギ、モルモット、イヌ、ネコ等)の生態についてお話しをし、実際に児童、生徒たちに動物に触れてもらってその感触や体温を感じさせる。
・動物の心音を児童、生徒個々に聴診器で聴かせ、生命(いのち)を実感させる。
・動物に関する児童、生徒からの質問に獣医師が答え疑問を解消していく。
○更正施設:動物と入所している子らの心音を聞き比べ、質問を受けたり、動物病院で救える命の話、実際に薬物依存で入所していた人の話などを紹介する。
○特別支援学級:様々な発達障害を持つ子供が対象であることから、SPFモルモットにより子供たちの変化を観察し、今後どのような取り組みが必要か検討していく。 
○以上の成果をふまえ、「平成26年度日本獣医師会獣医学術年次大会(岡山)」において、市民公開合同シンポジウム「学校飼育動物の教育的意義」、サブタイトルとして「不登校児とモルモット飼育の教育的効果」と題して発表する機会を得ました。
○奈良教育大学で平成20年から、「自然環境学」講座の中で、学校飼育動物に関する講義を行っています。

※ 活動内容の一例として『小学校生活科授業』について掲載します。


【生活科学習計画案】
平成  年  月  日( ) ○○小学校 第  学年  名
指導者   年担任 ○○
ゲストティーチャー:(公益社団法人)奈良県獣医師会所属獣医師
1 単元名  「いきものなかよしだいさくせん」
2 ねらい
 (1)動物とのふれあいや獣医師との出会いを通じて、動物に関心と親しみをもち、
動物を大切に育てようとする心情や態度を育てる。
 (2)「命」を実感する学習を通して、動物と人間との関わりを考え、体感したことを
これからの生活やくらしに役立てるようにする。

3 指導計画
   ・学校や幼稚園などの、身近な動物と触れ合う。
   ・獣医師について知る。
   ・獣医師の話を聞き、生き物の成長の様子や習性、世話の仕方などを知る。
   ・ウサギや犬とのふれあいを通して、気付いたことや感じたことをまとめる。
   ・生き物と自分たちとの関係について考える。
   ・命のつながりについて知る。

4 本時の学習
(1)活動のねらい
   ・ウサギや犬の様子を観察したり、体に触れたりして、「命」を体感することができる。
   ・生き物についてわからないことを獣医師にすすんで質問することができる。

※ 活動内容の一例として『小学校生活科授業』について掲載します。

(2)活動の内容

児童の活動 支 援 備 考

1.学習テーマを知る。

 

2.活動の流れと約束を聞く。

・獣医師の紹介

・獣医師の話と約束

3.動物劇を見る。

 

4.ウサギや犬と触れ合う。

犬コーナー

ウサギコーナー

質問コーナーを、グループごとにまわる。

 

5.獣医師の話を聞く。

 

6.質問をする。

 

7.まとめをする。

※獣医師からまとめのお話をきく

○どんな学習をするのだろうという興味を持たせる。

○動物を驚かせない、手洗いをするなどの約束を知らせる。

 

 

 

○各コーナーをまわりながら、

約束を十分に理解できていない子や、

動物とうまく関われていない子に声かけをしていく。

○動物のぬくもりや心臓の鼓動などを体感させ、

多くの気付きを促す。

○怖がる子や、アレルギーがある子どもには、

無理なく活動できるようにアドバイスをする。

マイク

 

 

 

 

着ぐるみ

 

聴診器

バスタオル

 

 



◎最初は着ぐるみ劇で、児童の気持ちを和らげ、獣医師に対する親近感や興味をもたせます。



◎イヌ、ウサギなどの動物や自分自身の心音を聴診器で聞き、「いのち」について学習します。



また、動物の柔らかさやぬくもりを体感します。



◎初めてイヌに触れる児童、動物が怖かった児童も授業の終盤には優しく触れることができる
ようになります。そして、まとめのお話しをします。

H27:学校飼育委員会活動記録

download ダウンロードはこちら