トップ > 奈良県獣医師会とは > 会長あいさつ

公益社団法人奈良県獣医師会長のご挨拶

      会長 吉岡 豊
      会長 吉岡 豊

 平素は本会事業へのご理解とご協力を有難うございます。
 奈良県獣医師会は、平成26年4月1日をもって「公益社団法人奈良県獣医師会」として新たな一歩を踏み出すことになりました。これも偏に皆様方のご協力の賜物であるとともに、今後は、公益法人としての使命を遂行する所存でございますので、更なるご協力をお願い申し上げます。
 私事で誠に恐縮ですが、本年6月11日に開催されました「第36回通常総会」におきまして、長らく会長職でおられました久保会長が会長職を辞され、その後、選出された理事の互選により、不詳私が後任の会長に指名されました。今後も、奈良県獣医師会がさらに飛躍できるように微力ながら努力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。
 本会は、奈良県に在住または在職する獣医師(動物診療施設開業医及び勤務医、公務員、民間企業及びそれらのOB等)で、本会の趣旨や活動に賛同した者で構成しています。
 私たち獣医師が担っている多くの業務を遂行し、我々に寄せられた幅広い期待と与えられた使命を果たすことで、今後とも県民のご期待に応えることの出来る公益法人として、各事業の更なる充実を図って参りたいと考えております。


平成27年4月 一般財団法人「奈良の鹿愛護会」事務局長就任
平成20年4月 財団法人「奈良の鹿愛護会」嘱託獣医師として勤務
平成20年4月 奈良県農林部畜産技術センター長にて定年退職
平成19年6月 奈良県獣医師会 副会長就任
平成16年6月 奈良県獣医師会 理事就任
昭和46年4月 奈良県農林部 就職

【奈良県獣医師会の沿革】

平成29年 吉岡 豊  先生が会長に就任。
平成26年 公益社団法人奈良県獣医師会となる。
平成23年 久保 益一 先生が会長に就任。
平成15年 宗 武司 先生が会長に就任。
平成 3年 中川 平八郎 先生が会長に就任。
平成 2年 石川 叔夫先 生が会長に就任。
昭和59年 会報誌「奈良県獣医師会だより」創刊号発刊。
昭和57年 社団法人奈良県獣医師会となる。
昭和25年 奈良県獣医師会発足。初代会長に 植村武一先生が就任。